2016年度 秋期研究会のご案内


秋冷の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は本研究会の活動にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

本研究会では、毎年秋は、京都府市立中学高等学校教育研究大会の分科会として開催しております。
今回の秋期研究会では、小学校におけるプログラミング教育必修化で話題となっている次回の学習指導要領に向けた情報科教育の在り方をテーマとし、講師に放送大学教授 辰己 丈夫 氏をお招きし、ご講演をいただきます。

これからの情報科の授業をどうしていったらよいか悩んでいる高等学校の先生方も、小学校プログラミング教育という新聞記事を見て頭を悩ましている小学校の先生方もプログラミング教育に力点を置いている民間団体や企業の皆様も、お子さんにプログラミングを学ばせたいと考えている保護者の皆様もぜひこの機会にご参加ください。

なお、午前中には同会場にて全体会があり、明治大学教授 齋藤 孝 氏の記念講演がございます。こちらの講演も是非ともお聴きください。全体会の詳しいスケジュールはこちらよりごらんください。

<情報科秋期研究会 要項>
日時:10月9日(日) 13:15~16:15

場所:京都学園中学高等学校  (京都市右京区花園寺ノ中町8)  ※駐車不可・上履き持参

会場:第1パソコン教室(光楠館1階)

講師:放送大学教授  辰己 丈夫 氏

講演題目:「未来の情報化社会のための、今の情報教育」

申込方法:こちらよりお申し込み下さい。なお、当日参加も可能です。

Comments are closed.